せどりビジネスの手法とは

インターネットビジネスの代表格である「せどり」とは、もともとは中古本を安く仕入れて、アマゾンやヤフーオークションなどのオークションサイトで、高く販売することをいいます。
たとえば、ブックオフなどの中古書店で、100円ほどの価格で販売されている本が、思わぬことから、希少価値が付き、インターネットで高く転売できることがあります。
中古本につく希少価値とは、初版の本であったり、絶版となっていたりすることで、生まれることがあります。
たとえば、有名作家や漫画家、写真家の本であっても、駆け出し時代にはそれほど多くの部数が出版されず、絶版になってしまうこともあります。
のちに、売れっ子となった場合、初期の本の出版部数が少なかったために、転売価格が高騰することがあるようです。
また、本を出版する版元が、それほど大手でなかったり、倒産していたりすることで、売れっ子の本でも絶版となってしまうこともあるようです。
そうした場合、根強いファンがいる作家であれば、どんなに高くても、手に入れたいと思うのが人情でしょう。
ただ、一時期、こうしたせどりを目当てに、何時間も中古書店に居続ける人たちが、増えてしまったため、中古書店でも、せどりを目当てとするお客さんを敬遠する傾向もあるようです。
こうした背景から、かつてと違い、実店舗に出かけるのではなく、自宅でもインターネット上でせどりをする人も増えてきています。
たとえば、高値で転売できそうな本をインターネットで検索して、同じようにインターネットで安く仕入れるというビジネスです。
たとえば、アマゾンなどの出品サイトだと、出品者同士が競い合うため、自然と同じ価格帯になってしまいますが、まれに、インターネットオークションで不用品として出品されていたものが、高く転売できることもあるようです。インターネットでせどりをする人たちは、こうした高く転売できる商品を、インターネットで探し続けているようです。
しかしながら、手作業で一つ一つ商品を検索するのも大変です。そのため、インターネットのせどり専用に、高値で転売できる商品を自動的に検索できるツールを使っている人も少なくないようです。こうしたツールを使えば、一つ一つ商品を検索する手間も省けます。
こうしたツールは、プログラミングが得意な人なら、自分で開発もできますが、そうした知識がなくても、インターネットで販売されていることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です